コラーゲン 生コラーゲン 違い

 

コラーゲン生コラーゲン違いは、加熱処理をしているかどうかです。

人間の皮膚にあるコラーゲンは、3本のタンパク質が絡み合うらせん状の3重構造をしています。

 

コラーゲンと生コラーゲンの構造の違い

 

らせん状の3重構造をすることにより、コラーゲンは高い保水力を発揮することが可能です。

肌に潤いを与えてくれるのも、3重構造に秘密があると言っても良いでしょう。

 

また人間の皮膚と同じ構造をしているので、体内でもスムーズに作用することができます。

そのため3重構造だと高い効果を期待できるので、潤いもしっかりと与えてくれます。

 

コラーゲンの高い保水力

 

しかし動物や魚から抽出したあとに熱処理をしてしまうと、高い保水力の源となる3重のらせん構造が崩れてしまいます。

3重構造から1本のタンパク質になった状態はゼラチンコラーゲンと呼ばれ、保水力も低下します。

 

ゼラチンコラーゲンは様々な化粧品などに含まれ高い保水力があると言われていますが、3重構造が崩れているため本来の力をフルに発揮しているわけではありません。

一部の化粧品にはさらに分解された加水分解コラーゲンが使われており、保水力はさらに下がっています。

 

生コラーゲンは、動物や魚から抽出したあとに加熱処理を加えていません。

そのため人間の皮膚と同じ3重のらせん構造をした状態が保たれており、高い保水力があります。

 

生コラーゲンの保水力の違い

 

具体的には、生コラーゲンは加水分解コラーゲンの6倍も保水力が高いと言われているほどです。

生コラーゲンを使った化粧品は、一般的な製品より保水力が高く肌に十分な潤いを与えてくれます。

 

みずみずしくふっくらとした肌を作るのに役立ち、効果も長時間持続させることが可能です。

現在販売されているコラーゲン入りの化粧品と言っても、加熱処理しているかどうかの違いで効果は違います。

 

高い保水力を期待して化粧品を選ぶなら、生コラーゲンを配合している製品が良いでしょう。

生コラーゲンを成分に使っている化粧品なら、肌の奥までしっかりと潤いを与え美肌作りに貢献してくれます。